リッチメディア・動画広告

動画広告

ファーストビューに掲載され、大きな広告領域を生かした訴求が可能なゲート広告、ビルボード広告やテキストやバナーにない豊富な情報伝達量により、新たな広告手法として注目を集めている動画広告などを通じて、ユーザーからの共感、広告主の認知向上、ブランドリフトが期待できます。

近年、ブロードバンド回線や、Wi-Fi、LTEなどの無線高速回線の整備、スマートフォンの普及などにより、動画の視聴環境が大幅に飛躍。それに伴い動画広告市場も急拡大し続けており、動画広告市場は2022年までには3000億円規模にまで拡大することが予想されています。
動画広告は圧倒的な情報量で、既存のテキスト広告やバナー広告では伝えきれなかったポイントを認知させることが出来、インパクトのある訴求が可能になりました。
認知効果、ブランドリフト効果、検索行動、購買喚起などユーザーのアクションに与える影響力が最も多く、効果の高いメディアです。
産経デジタルの運営する媒体は様々な嗜好を持ったユーザーが集まっており、それぞれの媒体の個性も幅広いため、広いリーチでユーザーにアプローチすることが可能です。

商品一覧

広告出稿のお問い合わせ