産経デジタル
ご挨拶 会社概要 事業案内 広告出稿のお問い合わせ

2016年4月入社 社員募集と会社説明会のお知らせ

「先輩社員の声」を見る
募集職種 @WEBエンジニア職、AWEB営業職、BWEBクリエイティブ職
応募資格

2016年4月2日時点で29歳未満の方で、大学院、四年制大学、短期大学、
高等専門学校を2016年3月までに卒業見込み・既卒の方。
または同程度の学力を有する方。学部・学科は問いません。
※(省令 3号のイ)長期にわたるキャリア形成を図る観点から年齢制限を設けております。

採用予定

若干名

応募方法

この採用ページに添付してあるエントリーシートを取り出し、必要事項を記入・顔写真添付をして、以下の送付先まで郵送でお送りください。
応募は2015年7月10日(金)までに必着です。
書類選考を行い、通過された方に筆記試験を受けていただきます。
なお、応募いただきました書類は返却いたしません。
書類選考通過の結果につきましては、メールにてご連絡させていただきます。

筆記試験

2015年8月2日(日)産経デジタル本社で実施予定。

書類提出先

〒100-8077 東京都千代田区大手町1-7-2
株式会社産経デジタル 総務部 採用担当係

会社説明会

@ 2015年5月18日(月)14時〜16時
A 2015年6月3日(水)14時〜16時
場所:産経デジタル本社

5月18日に参加を希望される方は、5月14日(木)までに、タイトルを「5/18参加希望」としていただき、後述の必要事項を入力しメールでお申し込みください。
6月3日(水)に参加を希望される方は、「6/3参加希望」としていただき、前述のアドレスに5月29日(金)までにお申し込みください。

メール送付先:sd-boshu@sankei.co.jp

会社説明会参加希望のメールをお送りいただく際の必要事項は、
@氏名(ふりがな)
A生年月日(年齢)
B住所
C電話番号
Dメールアドレス
E在学中の場合は学校名・学部・学年、勤務中の場合は在職企業名・業務部門名
F希望説明会の日時(念のためお書きください)を添えてください

応募者多数の場合は、先着順にて締め切らせていただく場合がありますので、ご了承ください。

問い合わせ先

産経デジタル 総務部採用担当 03-3275-8632

個人情報の
取り扱い

各応募等でいただいた個人情報は、採用・説明会に関してのみ使用し、ほかの目的での使用は致しません。

先輩社員の声 - 1

日下 紗代子 (クサカサヨコ)
クリエイティブ本部メディア部所属
入社5年目

■入社の動機
メディアに携わる仕事をしたかったからです。圧倒的な媒体力と信頼性をもち影響力も大きな新聞社を母体にした環境に身を置くことで、様々な職種や業界、世界の方と関わりあいながら自分自身も成長していくことができると考えました。さらに、デジタルという分野において、新聞業界そのものが過渡期にある中、未開拓の分野として新たな可能性に挑戦できる土俵に立てることは大変魅力的で、当時新入社員も少ないこともあり「やるぞ!」という思いでした。

■入社してわかったこと(産経デジタルってどんな会社ですか?)
「それ、おもしろいね」がすべて、と感じました。新聞社は一見かたいイメージがあるかもしれないのですが、根っこには好奇心が強く新し物好きでミーハーで「おもしろい」ことにとても敏感です。勢いと瞬発力が重要で、そこから新規のプロジェクトが生まれたりします。また根底には、(公私ともに)部署や役職にかかわらずとてもフラットで、話しやすい環境だからこそ、だと感じています。

■今、どのような仕事をしていますか
イザ!というニュースのまとめサイトを担当しています。より多くのユーザーさんに旬なニュースや、重要な問題をなるべくわかりやすくご提供できるように工夫しています。また、取材に行って記事を書いたりするなど、独自のコンテンツも作っています。

■産経デジタルでの一日
突発的なニュースにも対応するため、イザ!では、シフトによって数人で勤務時間を割り振り、主に下記(1〜4)の内容を日々繰り返しています。
1.その日の新聞各紙、ネットニュース、ニュース番組などをチェック
2.まとめ記事の作成
3.編集部でチェック
4.ネット配信(SNSも)

■学生の皆さんへひと言
産経新聞グループ、またサンケイグループの一員として、様々な媒体をミックスした仕事ができる環境です。が、チャンスを掴むのはすべて自分次第です。その分困難も多いですがやりがいもあります。どんな業界や職種においても、ぜひぜひ自分の好きなこと、興味のあることに愚直に頑張ってください!!

先輩社員の声 - 2

竹尾 剛輝 (タケオ コウキ)
営業本部EC事業部所属
入社4年目

■入社の動機
私は、元々アルバイトとして、ニュースサイトの管理・運営を担当していましたが、通販サイトの立ち上げをキッカケに現在のEC事業部に参加しました。当初は、右も左もわからず、戸惑ってばかりでした。お客様に納得して買っていただけるよう、試行錯誤をしていくうちに、少しづつ自分が関わった商品を購入してくれるお客様が増え、時には「良い商品をありがとう」との言葉をいただけることに、やりがいと面白さを感じ入社を志望しました。

■入社してわかったこと(産経デジタルってどんな会社ですか?)
メディアが主体によるIT企業ということもあり、さまざまな立場や経験を積んだ方がいます。日常の業務の中で相談や会話をするだけで、自分の視野が広がっていくのを実感できる貴重な環境です。また、新しいことにはどんどん挑戦していく会社のため、若手でも重要な案件に携わる機会も多く、責任感が求められます。しかし、上司や周囲の仲間との距離感も近く、気持ち良く相談できるので、安心して業務に取り掛かれると思います。

■今、どのような仕事をしていますか
当社が管理・運営する通販サイト「産経netshop」で販売する商品の仕入れと、商品ページの作成を担当しています。

■産経デジタルでの一日
・09:30〜09:50 出社/メールチェック、スケジュール確認
・09:50〜10:00 朝礼
・10:00〜10:30 会議準備
・10:30〜12:30 会議と商品選定
・12:30〜13:00 書類作成
・13:00〜14:00 昼食
・14:00〜17:00 商品撮影
・17:00〜19:00 原稿・商品ページ作成
・19:00〜19:30 上司への報告/退社

■学生の皆さんへひと言
私の仕事は、ただ商品を仕入れるだけでなく、どんな人にどんな商品を提案できるかを考え、想像しながら形にしていく能力が求められます。これは才能などではなく、日々の変化にアンテナを伸ばし続けることが大切です。自分自身で新しいことを生み出すことが好きな人は、ぜひチャレンジしてください。興味を持ったことに対して、積極的に学べる人ならば、どんどん成長できると思います。

先輩社員の声 - 3

久住 梨子 (クスミリコ)
営業本部営業部所属
入社1年目

■入社の動機
ネットニュースの編集に携わりたかったからです。
大学ではメディア社会学を専攻し、ネットニュース配信のアルバイトをしていました。配信だけでは飽きたらず、次第にウェブ編集がしたいと思うようになり、産経デジタルを受けました。ベンチャーにはない伝統的企業の風土にも惹かれ、入社を決めました。

■入社してわかったこと(産経デジタルってどんな会社ですか?)
社外の方から「動物園」と例えられるほど、個性的な社員であふれています。また、新たな提案や企画には寛容で、縦横の通気性は非常に良いと感じます。自分の裁量次第で、どんな仕事にも挑戦できる環境だと思います。

■今、どのような仕事をしていますか?
営業本部で広告営業の仕事をしています。入社数か月の現在は戦略チームにおり、広告商品の設計や、広告代理店・広告主向けのメディアシートの作成(広告商品のカタログ)に携わりました。近々、営業チームに移り、広告代理店・広告主への外回り営業に加わります。

■産経デジタルでの1日
09:30 出社(メールのチェック、他紙の広告特集のチェック)
10:00 メディアレップと商品改修などについて意見交換する会議
11:00 資料作成
13:00 ランチ
14:00 広告代理店に往訪し、セールス状況などを共有する会議
16:00 戦略チームで広告商品の設計会議
17:00 営業部の個々人の売上や予算達成率を報告する数字会議
19:00 退社

■学生の皆さんへ一言
あまり自分を責めず、健康を害さず就活してくださいね。ぜひ産経デジタルに入り、一緒に仕事をしましょう(^^)♪

Page Top
Copyright SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.